31歳の転職活動50社不採用のあとで――「孤独を支える」ひとり出版社の仕事

リストラ
「嘘をつかない。裏切らない。ぼくは具体的なだれかを思って、本をつくる。それしかできない。」――これからの働き方について思いを巡らせるとき、『古くてあたらしい仕事』(新潮社)は、それぞれの人にとってのヒントが見つかるのではないかと思える本だ。31歳ではじめた転職活動で50社連続不採用、従兄の死をきっかけに33歳でひとり出版社「夏葉社」を立ち上げ、10年以上続けてきた著者の島田潤一郎さんが考える、「孤
Source: グノシー転職

リンク元

タイトルとURLをコピーしました