特別な標識をしていないがん幹細胞を識別するAI技術を開発-東京工科大

政治
CGAN応用で、がん幹細胞を識別、画像生成できるAIを検討. 東京工科大学は6月26日、培養細胞またはがん組織の位相差顕微鏡画像に写るがん幹細胞を識別する人工知能(AI)技術を開発したと発表した。これは、同大応用生物学部の杉山友康教授とコンピュータサイエンス ...
Source: 今日ネット上で検索された政治に関するキーワードはこちら

リンク元

タイトルとURLをコピーしました