宇都宮氏&山本氏「10論点」で主張一致 違いは「コロナ対策15兆円」の是非に

政治
2020年7月5日に投開票される東京都知事選の主要候補のうち、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)と、 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は、福祉を重視するなど政策面では近いと考えられている。実際、6月27日の候補者討論会の10のテーマについて賛否を問うコーナーでは、両氏の回答は完全に一致している。
だが、両氏で大きく異なるのが財源をめぐる考え方だ。山本氏は総額15兆円の都債を発行して資金調達する考
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました