安倍首相、3868万円で首位 枝野氏減、玉木氏増―党首所得

政治
30日公開された2019年分の国会議員の所得等報告書で与野党7党首の所得を比較したところ、自民党総裁の安倍晋三首相が160万円減の3868万円で、2年連続の首位だった。減少分は雑所得が中心。党総裁選が行われた18年と比べ、テレビ出演などが減った影響とみられる。 立憲民主党の枝野幸男代表は2018万円で6位。雑所得が196万円減だった。同氏周辺は「18年は結党してすぐで、テレビ出演など注目度が高かっ
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました