政府が「宇宙利用大国」に向け情報収集衛星10機体制へ 基本計画を改訂

政治
政府は30日の閣議で、宇宙基本計画を5年ぶりに改定した。「自立した宇宙利用大国」を掲げ、情報収集衛星を現在の4機から10機に増やすなど安全保障や防災への利用を重視する。
 計画では、情報収集衛星を10機に増やすとともに、日本版GPS(衛星利用測位システム)の準天頂衛星「みちびき」に宇宙ごみの接近を知らせるセンサーを搭載するなど運用態勢を強化する。米国との連携を強め、多数の小型衛星でミサイルを探知す
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました