半夏生に丸焼きサバ、香ばしい匂い

政治
7月1日は、夏至から数えて11日目の「半夏生」。この日にサバの丸焼きを食べる風習が残る福井県大野市内では6月30日、炭火でサバを焼く香ばしい匂いが鮮魚店の軒先に漂った。 江戸時代、大野藩主が田植えで疲れた農民を思いやり、飛び地のあった越前海岸で捕れた ...
Source: 今日ネット上で検索された政治に関するキーワードはこちら

リンク元

タイトルとURLをコピーしました