「ひとり10万円」小田原市長、J-CASTに語った真意 あいまい公約への批判、どう受け止める?

政治
小田原市長の守屋輝彦氏(53)が544票の僅差で制した2020年5月の市長選挙で、選挙公報に「ひとり10万円」との公約を掲げていたことに疑問の声があがっている。この公約の意味するところは、市が独自に市民1人あたり10万円を支給する内容ではない。政府が実施している国民1人あたり10万円の特別定額給付金を迅速に支給するというものだった。
「ひとり10万円」という書き方は前者のように読み取れるとして、当
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました