ギャルブランド「セシルマクビー」閉店が象徴する若者の場の終焉/鈴木涼美

客単価は高くないが、不景気の煽りを受けにくい10代から20代前半の女性たちは、バブル崩壊後も購買欲が衰えなかった。 売る側からも若さを支えた。テナント ...
Source: 今日ネット上で検索された不景気に関するキーワードはこちら

リンク元

タイトルとURLをコピーしました