日本は敵国からの工作の最前線

政治
中国本土から植物の種が一方的に送りつけられるというテロが日米で確認されています。

届いた場合は種を植えたりなどせず植物防疫所に連絡してください。

【海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください】(2020/7/31 植物防疫所)

いつでもバイオテロができるぞという脅しでもあるのでしょう。

また、自分の所に届いたからとSNSにあげれば誰がどのアカウントなのか特定してどこそこの地域を狙う場合にはこいつ、頭悪そうだし。みたいな事にも使う事が可能になるでしょう。

日本の植物を汚染するような危険があるかもしれませんし、植物の種に紛れて有害な微生物を日本に入らせるという事だって可能になりかねません。

ダウンタウンの浜田雅功の妻としても知られる小川菜摘は中国から届いたこの種を考えもせず植えていたそうです。ニュースを見てあわてて処分したとのこと。

それが自分で購入したものかどうかも確認せずに軽はずみな行動に出る人は他にも居るはずです。中国共産党が無差別テロを起こすことが可能であるということを証明してしまったと言えます。

卑怯な方法を最上とする中国共産党が正当な手続きにのっとって戦争なんてするはずがありません。

「卑怯」なんてのは中共から見れば負け犬の遠吠えに過ぎないとそんな程度の認識でしょう。

中国という日本侵

リンク元

タイトルとURLをコピーしました