岸田氏への「施し票」24票、「うしろめたい…政治は感情で動く」と田﨑史郎は解説するが、それで国民は納得できるのか?

政治
きのう14日(2020年9月)に行われた自民党総裁選は、予想通り菅義偉官房長官の圧勝で終わった。熾烈を極めたのは2位争い。石破茂元幹事長は地方票が開票された時点で2位につけたが、最終的には岸田文雄政調会長が逆転した。その裏には、24票の施し票があった。地方票は、菅氏が89票、石破氏が42票、岸田氏が10票。国会議員票は菅氏が288票、石田氏が26票、岸田氏が79票で、合計では菅氏が377票の圧勝。
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました