菅首相、衆院解散「任期にらみ判断」 感染防止と経済の両立優先―くすぶる「秋選挙」

政治
菅義偉新首相は16日の就任記者会見で、新型コロナウイルス感染収束と経済立て直しの取り組みを最優先する考えを示した。その上で、衆院解散・総選挙について「1年以内に解散・総選挙がある。時間の制約も視野に入れながら考えていきたい」と述べ、慎重に判断する考えを示した。具体的な解散時期に踏み込まず、フリーハンドを残した形だ。衆院議員の任期満了が来年10月21日に迫り、選択肢は限られる。解散権を握る首相の判断
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました