会見「誠実」を前面に 加藤官房長官 菅首相とは対照的?

政治
16日に発足した菅義偉内閣で、スポークスマンとなる加藤勝信官房長官の手腕に注目が集まっている。前任の菅首相は「鉄壁のガースー」と呼ばれ、政府見解の枠を超えない答弁が目立ち、ときに冷淡な印象も与えた。旧大蔵省出身の加藤氏も手堅さには定評があるが、質問する記者に体を向け、視線を合わせて答えるなど、誠実さをアピールする姿勢が目立つ。
 「一番大事なことは国民の目線に立った行政、政治が行われているかだ。政
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました