入国制限緩和、五輪に向けた地ならし

政治
政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している全世界対象の入国制限を緩和するのは、経済を重視する菅義偉(すが・よしひで)首相の姿勢を反映したほか、来夏の東京五輪・パラリンピック開催に向けた地ならしの意味合いがある。ただ、専門家の中には国際的な人の移動に伴う感染再拡大を危ぶむ声もある。ここにも政治と科学のせめぎ合いがある。
 「感染拡大防止と社会経済活動の両立を図っていくために対策に全力で当た
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました