電波利用料が安すぎる事を指摘したら脅しだとさ

政治
昨日、菅義偉総理と習近平の電話会談、いや怪談が行われましたが、菅総理からは国賓云々について一切言及しなかったようです。

西朝鮮と言える中共はメンツが第一ですので格下のはずの日本から招待という形であることにこだわっているのでしょう。外務省、二階俊博、公明党といった売国勢力に日本から国賓で招待を出すという形をとらせました。

こうした背景があるためか習近平が自分から口に出すと中共の方から国賓で呼んでほしいという意思表示になりかねず習近平が自ら言及できないというあっち側の都合があったためか、結局、菅総理就任への社交辞令の挨拶程度で終わってしまい、全く国賓云々という話にはならなかったようです。

外交というのは順番がとても重要になってきます。今回、菅総理は韓国との電話会談より後という順番にしました。

菅内閣にとって中国共産党との外交は「韓国よりプライオリティが低い」という事を言葉を使わずに示したのではないでしょうか?

菅総理からは実質的に社交辞令的は発言しか出ておらず、韓国に引き続き塩対応と言ったところでしょう。

安倍政権の外交を基本的に継承していることが確認できたと言っていいと思います。

安倍前総理も外交特使などで内閣の仕事を手伝う事に非常に前向きな回答をしていますので体調が戻り次第、むしろ積極的に外交を補佐する事になるかもしれません。しかも閣僚では

リンク元

タイトルとURLをコピーしました