大阪市の都構想説明会、質問続々 反対派「一方的」と批判

政治
大阪都構想に関する大阪市主催の住民説明会が26日、始まった。制度の内容について市民から「分かりにくい」との声も上がる中、松井一郎・大阪市長や吉村洋文・大阪府知事が出席し、参加者の質問に直接回答。松井氏は「二度と『府市対立』と呼ばれる大阪に戻さないようにしたい」と主張し、実現により二重行政解消を目指すと説明した。
 「選挙で選ばれる特別区長が自治体運営をすることで、ニーズにあったきめ細かな施策を実行
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました