“脱炭素”縦割り打破へ 認可手続き簡略化 環境省

政治
環境省は2050年の脱炭素社会の実現に向けて再生可能エネルギーなどに関連する事業の認可を簡略化する作業を始めました。
 現在の法律では自治体が計画する脱炭素に関する事業、例えば太陽光パネルの設置に事業者が参加したい場合、設置する場所に応じて自治体以外にも環境省や林野庁など複数の行政機関から別々に認可を受ける必要がありました。環境省はこうした手続きを簡略化するために法律改正の作業を始めました。事業
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました