大阪都構想住民投票 市民団体も「草の根」で支持拡大狙う

政治
大阪市を廃止し、4つの特別区に再編する大阪都構想の住民投票が11月1日に迫る中、既存政党だけでなく市民団体も推進、反対双方の立場で最終盤の活動を展開している。新型コロナウイルスの感染防止に留意しながら、“草の根”による支持拡大を目指す。
 「特別区になり教育委員会や保健所が(大阪市の1カ所体制から)4つに増えれば、サービスはより良くなる。都構想に託してほしい」
 28日、大阪市西成区の大阪メトロ天
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました