平井担当相、「デジタル化の憲法」示す 政府WGが会合

政治
政府は28日、デジタル改革関連法案ワーキンググループ(WG)の第2回会合を開いた。平井卓也デジタル改革担当相も出席し、IT基本法改正について「いわばデジタル化の憲法のようなものをつくり、国民と共有したい」と述べた。 WGは村井純慶応大教授が座長を務め、有識者や関係省庁の幹部で構成している。平井氏は「一番重要なことはデジタル化を進めるに当たっての原則、目指すべき社会像を明らかにすることだ」と強調した
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました