立憲・枝野氏「共生社会」で差別化 政権能力アピールに腐心―代表質問

政治
立憲民主党の枝野幸男代表は28日の衆院本会議で、新党発足後初めての代表質問に臨んだ。菅義偉首相が目指す社会像に「自助」の概念を盛り込んだのに対し、「共生社会の実現」を訴えて包容力を印象付け、差別化を図った。一方で、不妊治療への保険適用など首相の目玉政策をわざわざ取り上げて評価。次期衆院選を見据え、批判一辺倒に陥らず、政権担当能力を示すことに腐心した。 枝野氏は代表質問で、故中曽根康弘元首相が断行し
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました