右足を失うも二度の総理を経験した不屈の魂(明治22年10月18日大隈重信暗殺未遂事件)

政治
政変に巻き込まれ失脚
1874年(明治7年)、板垣退助、後藤象二郎らが議会の開設を求めて「民撰議院設立建白書」を政府に対して提出したことをきっかけに、国内では自由民権運動が盛り上がりを見せました。
1881年(明治14年)3月、ロシアのアレクサンドル2世暗殺事件が起こったことでさらに自由民権運動が盛り上がっているさなかの7月、薩摩出身の北海道開拓長官・黒田清隆が同郷の政商・五代友厚に官有物を格安の
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました