選択的夫婦別姓、温室効果ガスでも 参議院で論戦

政治
参議院の代表質問で選択的夫婦別姓と温室効果ガスの排出量の問題について論戦が交わされ、菅総理大臣が見解を示しました。
 野党は、選択的夫婦別姓は岩盤規制の象徴だとして選択的夫婦別姓実現への見解を問いただしました。これについて菅総理は、「家族の在り方に関わる深い問題であり、国民各層の意見を幅広く聞き、国会の議論の動向を注視しながら対応を検討する」と応じました。政府が2050年までに温室効果ガスの排出
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました