カオス状態の「都構想」住民投票、なぜ“意外なグループ”が反対するのか

政治
大阪市を廃止して4つの特別区に再編する「大阪都構想」の是非を問う住民投票が11月1日に行われる。通常の選挙と違ってテレビCM・ビラ・拡声器等の制限がないため、様々な団体がありとあらゆる手段で賛否を訴え、さながらカオスを煮詰めたような状態だ。
【画像】障害者グループのデモの様子
 大阪市内では賛成反対両派の街宣車に加え、投票を啓発する「行こう!投“ヒョウ”号」(下の写真)なるアクの強い車両が連日走り
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました