国民・玉木代表、野党合同ヒアリング見直し論に理解「やり方、見せ方は工夫あってもいい」

政治
国民民主党の玉木雄一郎代表は29日の記者会見で、立憲民主党や共産党による野党合同ヒアリングに対し、与党から見直し論が出ていることに理解を示した。立民などの合同ヒアリングは、多数の議員が少数の官僚に詰問する様子をインターネットで中継するため、「公開リンチ」「集団吊るし上げ」などの批判がある。
 玉木氏は記者会見で「やり方とか見え方、見せ方は、少し工夫があってもいい。圧倒的に力の強い国会議員から、政治
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました