学術会議問題、すれ違い 菅首相、野党とも憲法基に主張―代表質問

政治
衆院本会議で代表質問する共産党の志位和夫委員長(手前)=29日午後、国会内 菅義偉首相の所信表明演説に対する29日の各党代表質問は、28日に引き続き、日本学術会議をめぐる問題が大きなテーマとなった。野党は首相による会員候補の任命拒否が学問の自由を保障した憲法23条に抵触すると指摘。首相は、学術会議会員は国家公務員であり、憲法15条が定める公務員の選定罷免権は国民固有の権利と反論。双方が憲法の異なる
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました