中国共産党の重要会議閉幕 習体制の長期化が現実味

政治
中国共産党の重要会議が閉幕し、米中対立の長期化を視野に先端技術の自国開発や内需拡大を強調しました。習近平国家主席の後継人事はなく、長期政権が現実味を帯びています。
 重要会議「5中全会」は4日間の日程を終えて29日に閉幕し、新たに掲げた2035年までの長期目標で「核心的な技術を実現し、イノベーション国家の先端を走る」としました。輸出中心から内需拡大路線への転換も示し、アメリカとの長期的な対立を念
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました