臨時国会で改憲議論進むか 代表質問で国民民主党も意欲示す

政治
国民民主党の小林正夫参院議員会長と日本維新の会の片山虎之助共同代表は30日の参院本会議で、憲法改正の議論に積極的に応じる意欲を菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)に示した。自民、国民、維新の足並みがそろいつつある中、護憲色を強める野党第一党の立憲民主党が孤立を深め、改憲論議から取り残される可能性がでてきた。
 小林氏「大切な理念を守りつつ、未来志向の憲法について議論することは必要だ」
 菅首
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました