賛否拮抗 大阪都構想議論大詰め 推進・反対両派ラストスパート

政治
大阪市を廃止し、4特別区に再編する大阪都構想の住民投票が2日後に迫った30日、市内各地では推進派と反対派がそれぞれ支持を求めて訴えるラストスパートに入った。都構想の賛否は激しく拮抗(きっこう)しているとみられる。11月1日の住民投票は、通常の選挙と異なり午後8時の投票締め切りまで活動が認められており、賛否をめぐる攻防は最後の瞬間まで続きそうだ。
 「府市一体の行政運営で大阪に力が出てきた。この仕組
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました