「納得して賛成」「迷えば反対」 大阪都構想 最終盤のフレーズ合戦

政治
大阪市を廃止して4特別区に再編する大阪都構想の住民投票の投開票を1日に控え、推進派・反対派双方のアピール合戦が白熱している。今回の住民投票は投票率に関係なく成立し、1票でも賛成が上回れば特別区移行が決まる。「納得して賛成を」「迷えば反対を」。両派は互いの訴えや世論の動向を意識しつつ、有権者に響くフレーズを駆使して「最後の訴え」を続けている。
 「反対派が『分からなければ反対』と言うのは無責任。分か
Source: グノシー政治

リンク元

タイトルとURLをコピーしました